アクセスカウンタ

1109の公開日誌

プロフィール

ブログ名
1109の公開日誌
ブログ紹介
zoom RSS

哀悼、、、Chester Bennington

2017/07/26 17:43
LINKIN PARKのヴォーカル Chester Benningtonが死んでしまいました。

ショックで、
初めてyahoo!ニュースで目にした時
信じられませんでした。

テレビで「One Step Closer」のPVを観て、
1stアルバム「Hybrid Theory」を買って以来ファンで、
最近リリースされた7thアルバム「One More Light」まで、
オリジナルアルバムは全て持っています。
(ちなみに1stの再生回数は洋楽では断トツです)

あまり洋楽は聴かないのですが、
唯一LINKIN PARKだけは聴き続けてきました。
1stの頃から音楽性は、アルバム毎にと言ってもいいくらい変化して来ましたが、
それでも聴き続けてきたのは
変わらぬヴォーカルの魅力的な歌声に依るところも大きかった。

ファンとしては残念でなりませんが、
ベタな言い方ですが、作品は残っているので
これからも聴き続けることでしょう。

世界の片隅のファンの端くれとして
ご冥福をお祈りします
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画メモ「ハクソー・リッジ」(劇場にて)

2017/07/09 03:15
実録系戦争モノが好きで、
「ブレイブハート」や「パッション」など
監督メル・ギブソンも結構信頼しているので
観てきました。

画像


監督:メル・ギブソン
出演:アンドリュー・ガーフィールド
2016年・オーストラリア、アメリカ
2017.7.7 ユナイテッドシネマ阿久比


戦闘シーンは迫力があり
期待通りのものでした。

ストーリーも
沖縄戦の「ハクソー・リッジ」の攻略戦に絞って
戦局どうこうや
日本軍どうこうを
語るわけではなく、
あくまで主人公デズモンド・ドスの行為に
焦点を絞っているので
うまくまとめられている。

当然ながら日本兵は敵役なので
観ていて複雑な気分にはなりますが
扱い方としては割とフェア。
多少不気味さというか
得体の知れなさを強調はされていますが、
そこは視点的にやむを得ないでしょう。

人を殺さない(武器も手にしない)という
信念を、
戦争に参加しながらも貫くという
主人公の抱える矛盾については
是非があるでしょうが
この映画においてそれは問われるべき問題ではなく、
もっとシンプルに主人公の勇敢な行動に
目を向ければ良いのだと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


LINEレンジャーからの卒業

2017/07/08 21:58
長らく楽しませて頂いた
LINEレンジャーですが
そろそろ卒業の時期です。

単純に飽きたという面もありますが、
愛想が尽きた面も。

新規ユーザーの獲得と
既存ユーザーの維持のため
運営側もあの手この手
大変だとは思います。
課金もさせたいでしょうし。

ただもう最近の、
ガチャでどれだけ最新レンジャーを
ゲットするかが
ゲームに勝つ、ゲームを進めるほぼ全て
という流れは
さすがについていけず。

以前はもっと戦略だとか駆け引きだとかを
勝負に反映させられた気がします。
攻め方次第で
弱そうなチームでも勝てるような。

新規レンジャーやコラボレンジャーの
能力値、スキル値の高騰、インフレ状態は
目に余り、
無課金ユーザーはほぼ置いてきぼり。
初期のレンジャーの活躍の場はほぼ無く
古参ユーザーへの恩恵もゼロ。

また
自動対戦モードの導入によって
所謂ゲーム的な面白みが薄れて、
アイテム獲得、レベルアップ、進化
というRPG的な、育成ゲーム的なものになってしまったこと。

新規ステージ登場の遅れによる停滞と
メインストーリーの迷走、
サイドモードの多様化によるお茶濁し感、

などなどによって
モチベーションを保てなくなってしまいました。

寸暇を見つけては
勤しんできたゲームですが
この辺でお別れのようです。
無課金でこれだけ遊ばせてもらったのだから
十分でしょう。
(金には代えられない貴重な時間を浪費したとも言えますが)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ドラエもんの裏切り

2017/06/24 21:23
ソファーの上にコロコロコミックが置いてあったので
何気なくパラパラとめくっていたら
巻末あたりに
「ドラエもん」が掲載されていました。
「藤子・F・不二雄名作劇場」とあったので
傑作選的なものでしょう。
今の子供達にとってもドラエもんは人気キャラクターですから
それはそれで良いのですが、
その内容に愕然としました。

要約すると、
のび太がクリスマスプレゼントについての
両親の会話を立ち聞きする。
内容は、のび太のリクエストのラジコンが却下され
欲しくもない学習いろはかるたにする、というもの。
のび太はドラエもんに泣きつき、
「シテクレジットカード」を使って
父親が自分のリクエスト通りのプレゼントを
買ってくるよう仕向ける。
という話なのですが、

クリスマスプレゼントは親が買ってくれるもので、
それを、形式的にサンタからとして寝てるうちに枕元に置く、と
ぶっちゃけちゃっています。

画像


画像


サンタクロースは、
親と子の
一時期だけの共通の幻想遊びみたいなものではないかと。
それを無残にも砕け散らします。
ドラエもんという
夢のようなロボットが、
サンタクロースという
夢のような存在を否定する。

皮肉が効いています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画メモ/「キング・アーサー」(劇場にて)

2017/06/22 00:01
ガイ・リッチー監督作品ということで
観に行ってきました。
とは言え、
それほど過剰な期待はせず。

画像


監督:ガイ・リッチー
出演:チャーリー・ハナム
2017年・アメリカ、イギリス、オーストラリア
2017.6.21 TOHOシネマズ東浦



アーサー王伝説がどのようなものかは
あまり知りませんので
どの程度映画的な創作が盛り込まれているのかは分かりませんが、
思ったよりかなりファンタジー色の強い作品でした。

至る所で監督の「らしさ」は出ていましたし
十分に楽しめる作品でしたが
全体的には大味な感じは否めないかな。

実績を上げれば
どんどんビッグバジェットの企画を任せられるのは必然なのでしょうが、
「ロック、ストック?」からのファンとしては
あまりこういった作品ではなく
こじんまりとしたものの方が
合っているというか
個人的には観たいなぁと思ってしまいます。
ダーレン・アロノフスキーとか
ダニー・ボイルとかも
そうですが。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


親っぽい休日

2017/05/22 00:01
夜勤明けの土曜は
子供達の小学校の学校公開日でした。

娘にとっては小学校初の、
息子にとっては小学校最後(かも?)の、
だったので
寝ずに行ってきました。

娘は一年生らしく
元気に、楽しそうに
手を挙げるのもピンと、
初々しい感じ。

息子は六年生らしく
親が観に来ていることを意識しながらも
無関心を装って
クールな感じ。

最後は
防災訓練的に
全校生徒が運動場に集まり
引き渡し訓練で帰りました。

通学路を家族4人で帰りましたが
これもおそらく最初で最後でしょうね。
よい記念になりました。


翌日曜日は
市の陸上競技大会があって、
100m走とリレーの選手に選ばれた息子を観に
陸上競技場へ行ってきました。

去年も出場したので観には行きましたが
種目が走り幅跳びで、
イマイチ期待もできず、
結果も取り立てて、でした。

今年は得意な、走ること、なので
少しは期待していましたが、
結果は残念ながらどちらも予選敗退。
リレーはあと0.4秒で予選突破だったので
ちょっと惜しかった。
上には上がいますね。

画像


緊張の空回りも影響したかも知れませんが
やはり身体つきの差も大きいかな。
息子はチビめ、
大きい子はホント全然違いますから。
走り方もムダが多そうで
ぢヂカラだけで走ってる感じだし。

小学生ではこれが最後。
中学で陸上部に入ればまた機会があるかも知れませんが
まだどうするかは不明のよう。

僕が小学生の時は
全く考えもしなかったような大会なので
選ばれただけで凄いもんです。


二日続けて親っぽいスケジュールの休日でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


娘、はじめての抜歯(?)

2017/05/12 00:01
娘の歯がとうとう抜けました。

長いこと下の前歯がグラグラしていて
下から永久歯も顔を出し始めていたので
一度歯医者に連れて行くも
もう少し様子を見ましょうということで
帰されていました。

舌などでよくイジって
さっさと抜いてしまうよう
言っても、
生まれて初めての経験から来る恐怖からか
なかなかすぐには抜けませんでした。

で、この度やっと。

仕事から帰ると
ヨメから、
もうホントにすぐ抜けるくらいの状態だから
抜いてあげて、と言われ
グリグリしてるうちに
無事抜けました。

画像


娘も抜けてみれば大したこともなく
ほっとしたよう。
嬉しそうに抜けた歯も自分で屋根の上に向かって投げました。

すぐ隣の歯もグラグラになってきているので
(そして永久歯も顔を出しているので)
さっそく次に取り掛からなくてはなりませんね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画メモ/「バーニング・オーシャン」(劇場にて)

2017/05/06 00:01
画像



監督:ピーター・バーグ
出演:マーク・ウォルバーグ
2016年・アメリカ
2017.5.5 TOHOシネマズ東浦


2010年に実際に起きた
石油掘削施設の爆発事故を描いた作品。

安全よりも利益を重視したことが
原因と思われるが(そう描かれるが)、
原因の掘り下げや責任の追及よりも
事故自体の迫力ある再現と
作業者の勇気ある行動を描くことに
主題が置かれています。

迫力のある災害シーンと
災害に立ち向かう人々
というディザスタームービーの王道と言えますが
実話としての問題提起的な部分が薄いのは
残念な気も。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そうだ、娘とふたりUSJへ行こう!

2017/05/05 00:01
娘と(あと母と妹と)
ユニバーサルスタジオジャパンへ行ってきました。

GWは9連休ですが
1、2日は子供達は学校で、
それ以外の日も息子は野球が多く、
しかも3?4日は泊まりで合宿。
ヨメも付き添いということで、
連休中に家族旅行は断念。
娘だけでもどこかへ連れて行ってあげようと
日帰りのUSJとなりました。
で、どうせなら、と言うことで
母と妹とが便乗。

さすがにGW、
覚悟はしていたもののかなりの混雑。
7時半くらいに到着しましたが
開園待ちの列は結構なものでした。

基本的に娘と2人なので
アトラクション等は限られてきます。
なので、人気のアトラクションについては
ほとんどスルーで良かったので
影響は少なく済みました。

ただ、
娘が楽しみにしていた
ハリーポッターのバタービールを飲むこと
は叶わず。
あと、
オープンしたばかりのミニオンパークの
ミニオン・ハチャメチャ・ライドも
乗れたらアリかなと思っていましたが
開園直後からずーっと4時間近く待ち(!)が続いていて、並ぶ気も起きませんでした。

結果、
エルモのゴーゴー・スケートボード
セサミのビッグ・ドライブ
ハローキティのリボン・コレクション
ようかい体操ザ・リアル
ハローキティのカップケーキ・ドリーム
アビーのマジカル・パーティ
アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド

合間に
ミニオンのグリーティングや
ダンスのショーなども見物しつつ。

という感じ。

画像

画像


一番の誤算はパレードが無かったこと。
下調べ不足なのでしょうが、
まさか夜のエレクトリカル的なパレードまで無いとは思いましませんでした。

なので、
お土産を買って
パークを出たのは20時頃と
当初の予定より早い時間でした。
娘はまだ小さいし
年寄りもいるので
良かったと言えばまあ良かったのかもしれません。

後になって考えれば
時間の使い方や
アトラクションの周り方とか
いろいろ後悔もありつつ、
ヨメがいた方がやはり楽は出来るということも改めて感じつつ、
の一日でした。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ラーメン探訪/かっつも亭(知多市)

2017/05/01 00:01
近場でラーメンを食べることとなり、
かっつも亭へ行ってみました。
存在は知っていましたが、初。

味噌のバターラーメン(880円)を注文。

画像


かなりボリュームのあるビジュアルで、
実際、ボリュームありました。

中太でコシのある麺、
スープはピリ辛のしっかり味噌。
チャーシューは大きめ、少し硬めですが
問題はありません。
メンマ、もやし、ネギも不可なく。

繊細さはありませんが
美味しくは頂けます。
小さな子供には少し辛すぎるかも。

大府店との味の違いはあるのかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ラーメン探訪/麺屋 又兵衛(名古屋/内田橋)

2017/04/20 15:08
通院のため有給休暇を取ったので
今回も病院のついでに
ラーメンを食べることに。

前回同様、汐そば雫にしようとも思いましたが
悩んだ末に新規開拓で麺屋 又兵衛へ。
割と新しいお店みたい。
14時少し前という時間もあってか
先客後客なしでした。

塩煮卵ラーメン(850円)を頂きました。

画像


無化調がウリのスープは
透明感があり、塩辛くもなく好みの感じ。
細めの麺もコシがあって○。
チャーシュー、煮卵はまあ可もなく不可もなくと言ったところ。

強いインパクトはありませんが
全然ありだと思いました。
醤油もあるので
再訪も考えたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雨のち晴れ、ところにより祭り

2017/04/10 00:01
雨の影響で
息子の少年野球が中止となったので
ヨメの地元のお祭りに行ってきました。

ヨメの実家からお呼ばれされていましたが
息子の試合が入っていたので
皆で行くのは難しかったのですが、
野球はグラウンドのぬかるみで中止となり、
雨自体はすっかり上がって祭りは開催という
お膳立て。
息子は試合をしたかったのかもしれませんが
娘は大喜び。

子供たち、特に娘は、
法被を着て山車の綱を引いて歩いたりして楽しんだ様子。
息子は早々にヨメの実家に引き上げ
テレビで野球観戦してましたが。

僕は、夕方の餅まきに少し参加した程度ですが
なかなか皆で集まる機会も多くはないので
良いものです。

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


娘の入学式

2017/04/07 00:01
娘の小学校入学式へ行ってきました。

桜の花も綺麗に咲いて、
雨にも降られずに済み、
とりあえず無事完了。

直前まで1クラスになるのではないかと危惧されていましたが、
何とか2クラスに。
合計39名の新入生での入学式。

相変わらずなかなか国際色豊か。
娘のクラスにも何名かのカタカナ名前があります。
地域的には偏りがありますが、
せっかくなので
差別・区別を覚えるのではなく、
国際感覚的なものを養えると良いですね。

明日からは通学団で
子供だけでの登校が始まります。
ウチはまだ息子が6年生で、
一緒に登校できるから
その点は心配は少ないかな。
ちゃんと面倒を見てくれると良いですが。

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


生えるべきものが生える時期に生えてきた

2017/04/02 13:19

上の子は4月でもう6年生。
このところ身長もグッと伸びてきて
小柄な母親の背に迫っています。

身体と裏腹に
まだまだ甘ったれで、
態度だけ生意気でクソガキ。

そんな息子ですが
気がつけばそんな彼のおちんちんにも毛が生えてきた様子。

風呂場の入れ替わりですれ違う程度で
一緒に風呂に入ることもほぼなくなっていて
今更ソコをガン見することもないので
全然気付きませんでした。

まあ年齢的には特別早いわけでもなく、
生えるべきものが生える時期に生えてきただけのことではあるのですが。

今でも一人よりも誰かと一緒に風呂に入りたがりますし、
入浴後も裸のままリビングにフツーに現れ、
殊更気にしてる様子はナシ。

自分を振り返ってみると、
思春期の始まりを迎え
父親から「そろそろ生えてきたか?」などと
訊かれるとイヤで、
生えてからもあまり触れられたくは無かったように思います。

僕の方が一般的でなかったのか、
時代的な変化なのか、
オープンな家庭を作ったのか、
分かりませんが、
ちょっとした驚きでした。

まあ子供も
ベタに言うと、少しずつ大人の階段を上っているということで
感慨深い出来事ではありました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


娘の指に起きた災難

2017/03/31 15:01
夜勤明けの朝、
娘が泣きながら玄関に。
車のドアに指を挟んでしまったとのこと。
もちろん痛いのでしょうが
それよりも挟んだことのショックの方が
大きいような興奮状態でした。

挟んだのは左手小指の指先。
爪のあたりが内出血していて
すり傷も。

落ち着かせてあげるために
抱きかかえて膝に乗せ
急ぎスマホで対処法を検索。
(最近は便利になりました)

とりあえず冷やすべきとあり、
腫れてきたり、痛みがひどい場合は
すぐ医者へ、とのこと。

保冷剤と冷えピタで患部を冷やして
様子を見ました。
娘もだいぶ落ち着いてきて
指先も腫れてくる様子もなく
曲げたり伸ばしたりも出来るようなので
ひとまずヒドイことにはなっていないだろうと安心しました。

本人も念のため病院に行きたいと言うので
ヨメに任せ
その日の仕事に備えて寝ることにしました。

結果、
やはり骨には異常はなく、
少し消毒をしてもらっただけ。
打撲との診断も無かったようなので
ホント、軽く済んだみたい。
不幸中の幸いです。

まだ幼い子供のことですから
はじめに挟んだと聞いたときは血の気が引きましたが
大ごとにならず、まあ良かった。

痛い目も見たので
今後は慎重にドアの開け閉めをしてくれるようにはなるでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そうだ、はままつフルーツパーク時之栖へ行こう!

2017/03/21 00:01
20日は春分の日、
息子の野球も休みなので
たまには家族皆でおでかけ。

息子の希望はサッカーが出来るところ。
要は公園。
学校でも放課後でもいくらでもやれるのに
また、実際やってるだろうに。
娘の希望は、はままつフルーツパーク。
イチゴ狩りがしたいとか。

ま、せっかくなので遠出、と言うことで
娘の意見が採用されました。
HP見るとサッカーグラウンドがあるとのこともあり。

フルーツパークは3回目。
到着してみるとイチゴ狩りは受付終了。
残念でしたが娘もそれほど頓着しておらず。

まずは
昼食代わりにデザートバイキングで腹ごしらえ。
前回はデザートバイキング待ちの行列で2時間くらい並んだ気がするが、
今回はすんなり。
時期のせいだったのか
オペレーションの悪さだったのか
前回の悪夢は再現されず良かった。

あとは、
子供たちは
フルーツを模した遊具の数々で遊んだり、
サッカーグラウンドでサッカーしたり。

画像


なお、サッカーグラウンドですが、
人工芝が貼られた、すごいちゃんとしたもの。

画像


ウチ以外で何組もボールを蹴っていましたが
実はココ、事前予約制らしく
途中でスタッフの人に退場を促されてしまいました。
ルールはルールですが、
HPでも場内でも
もう少しアピールしないといけないと思います。
目立つところには何処にもそんなこと書かれていなかったように思うので。

とは言え
我が息子、
スタッフが去った後、懲りずにそこでサッカーをしてたようですが。
見ず知らずの中学生くらいのお兄ちゃん達とサッカーをして
遊んで貰ったと喜んでいました。

イチゴ狩りは出来ませんでしたが
いっぱい遊べて
子供達も満足していたようなので
まあ良かったです。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


娘の卒園式

2017/03/18 00:01
娘の幼稚園の卒園式でした。
2人目ということもあってか
それほど強い感慨のようなものはないですね。
ただ4月から小学生だと思うと
月日の経つ速さに軽い驚きがあるのも事実。

まだ、
「お父さん好き」と甘えてきてくれるが
それもいつまで続くのでしょうね。
成長と子離れのバランスは
2人目ととは言え
男の子と女の子との違いで
思うところが強くなりそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お菓子の城でバレンタインお返し作り

2017/03/13 09:47
息子がバレンタインデーで何人かにチョコレートを貰ったので、
そのお返しを作りにお菓子の城へ行ってきました。
去年に続き2年連続です。
そして去年に続き息子は野球で不参加。
まあ、娘はお菓子作りを楽しみにしてるので
娘のためでもあります。

多分、食べるだけならクッキーの方が美味しいと思いますが、
作って楽しいのはビスケットのデコレーション。
娘の要望もありビスケットデコレーションへ。

生地を伸ばして、
(プレーンとチョコの2色)
型で抜いて、
(ハート型、丸型、星型などなど)
オーブンで焼いて、
(コーヒーブレイク)
チョコのペンシルでデコレーションして、
(ブラウン、ホワイト、水色、紫の4色)
乾燥して、
(片付け)
出来上がり。

画像


お絵描きの得意な娘ですが
プレゼントとしては、、、
ま、本人は楽しめていたので良いです。
家族用として。

画像


あまり時間的余裕もありませんし、
ほぼそれだけで帰宅。
娘はドレスが着たそうでしたが
またの機会ですね。

ただ、この制度
バレンタインデーとかホワイトデー、
やめません?
縁がないからの僻みとかじゃなく、
貰うのも返すのも面倒で、
最近じゃ
義理どころか
友達同士でもやり取りもあるみたいで
息子も
男友達からとか友達のお母さんからだとか
キリがない、、、
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


娘と最後の登園

2017/03/11 15:50
今週は夜勤だったので
毎朝、寝る前に娘を幼稚園に送りました。
歩いて5分ちょっとの道のりを
手を繋いで他愛もないお喋りをしながら。
そんな夜勤明けの恒例行事も、
気付けば今週で最後でした。

来週末には卒園式。
4月からは小学生です。
もう登校に父親の出る幕はありません。

毎度、寝るのが遅くなるなぁ、とか
口では言ってましたが、
「お父さん、お母さん、どっちと行く?」と訊くと
「お父さん」と答えてくれる嬉しさもあって。
いざ、それがなくなるとなると
やはりちょっと寂しいです。

とは言え、
ただ送って、門のところで別れるだけですから
最終日の金曜朝も
いつも通り、
ほんのちょっとだけ感慨を持って、
バイバイして終わりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画メモ/「ナイスガイズ!」(劇場にて)

2017/03/05 22:08
画像


監督:シェーン・ブラック
出演:ラッセル・クロウ/ライアン・ゴズリング
2016年・アメリカ
2017.3.3 TOHOシネマズ名古屋みなと


とりあえずキャストが良かったので観ることにしました。
R・クロウもR・ゴズリングも好きな俳優。
内容はほとんど予習せず。

舞台は1970年代のアメリカで、
ひょんな事からパートナーとなった2人が
大きな事件に巻き込まれるもの。

スジだけなら所謂ハードボイルド的なもの。
そこに、まさに凸凹のキャラの立った2人の主人公(と娘役の可愛い女の子)が
コメディ要素満載でドタバタ感を盛り込んでいます。

実際の時代背景(とその雰囲気)に
映画的な出来過ぎ感と
ユーモアとアクションとで
良くできた楽しい作品に仕上がっています。

とても面白かったです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

1109の公開日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる